メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし! ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし!

第6回:緩和ケアを考える

 2017年04月07日 07:30

緩和ケア?

 がんと診断されるとどうしても「がん=死」、もしくは「がん=痛み」という意識が先走り、がんの患者には緩和ケアが必要という文脈で考えがちです。それでは「緩和」とはなんでしょうか? 国語辞典では『厳しさや激しさの程度を和らげること、もしくは和らぐこと』と定義されています。

 従来、緩和ケアというとがんの病状が進んで痛みなどが出た後、もしくはできる治療が全て終わった後の症状コントロールのように使われていました。それが最近では、がんと診断された段階から始まるがんに付随したさまざまなことに対処することが緩和ケアといわれています。

 しかしながら、がんと一口に言っても対処すべき事柄は多彩であり、がん側の要因(種類、部位、程度など)と患者側の要因(年齢・性、家庭・社会的背景など客観的に評価できる因子と、身体および精神面のどちらかというと患者の主観的因子)の組み合わせ、それに治療の状況と経過を考える必要があります。対処する側は、これらさまざまな要素を踏まえた上で介入していく必要があると思います。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし! »  第6回:緩和ケアを考える

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506884 有効期限:10月末まで