メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく

ログインはこちら

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

キャンペーンコードをお持ちの方はこちら

メディカルトリビューンウェブについて詳しく(サービスご案内) 

編集こぼれ話 編集こぼれ話
 編集こぼれ話へ戻る

「DNAR指示」、真髄は記事よりもコメント投稿に?

編集こぼれ話 | 2017.04.19

 実は、自分が書いた記事への会員コメントを見るときにはいつもドキドキしています。最近取材した日本集中治療医学会での心肺蘇生処置不要(DNAR)指示に関するレポートや日本臨床救急医学会が公表した提言「人生の最終段階にある傷病者の意思に沿った救急現場での心肺蘇生等のあり方に関する提言」については、多くの反響がありました。一見すると辛辣とも思えるようなコメントにはいつも以上にドギマギしつつも、終末期の対応の正解は1つではないことを実感する現場の声は示唆に富んでおり、今後もさらに取材をしたいとの思いを強くしました。

 ところで、そもそも一般の人はこの「DNAR」をどれくらい認知しているのでしょうか。私の周囲には「DNAR」という言葉すら知らない人も多く、「分かりにくい」「覚えにくい」といった意見もありました。会員コメントにも「とても重要な事柄だけに、もうすこし平易な表現の方が...」との声もありました。

 終末期医療の法制化がなされていない日本での議論の難しさもあるかと思いますが、自分や家族の「人生のしまい方」について日ごろから話し合う大切さもつくづく感じています。

 ということで、先生方の熱いコメント投稿もぜひご参照ください!

髙田 あや

■関連記事

DNAR指示の解釈と臨床応用で現場に混乱

DNAR指示で「救命の努力」が放棄されている

DNAR院内ガイドラインを見直す

希望しない患者にも心肺蘇生を

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    老人ホームの朝食がランチパック?!

  2. 2

    医療機関にもっとマネジメントを

  3. 3

    予定帝王切開が小児喘息と関係する可能性

  4. 4

    子宮頸がん一次予防に初の国際ガイドライン

  5. 5

    変形性股関節症に新指針―米整形外科学会

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  連載・特集 >  編集こぼれ話 >  「DNAR指示」、真髄は記事よりもコメント投稿に?