メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】高安動脈炎

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】高安動脈炎

 2017年04月20日 07:10
プッシュ通知を受取る

 高安動脈炎(TAK)とは、原因不明の指定難病の1つである。大動脈およびその主要分枝などに炎症が生じ、血管の狭窄や閉塞を来すため、脳、心、腎などに障害が及ぶ。TAKは1908年に、金沢医学専門学校(現・金沢大学)眼科教授であった高安右人氏によって、「奇異なる網膜中心血管の変化の一例」として初めて報告された(J Jpn Ophtalmol Soc 1908; 12: 554-555)。初期症状は原因不明の発熱、頸部痛、全身倦怠感などで上気道炎と類似しており、その後、血管病変の症状が出現する。多彩な症状から早期診断が困難であり、未診断例の存在が指摘されている。

■関連記事

高安動脈炎における世界初のRCTの結果を報告

読み解くためのキーワード一覧

記事一覧

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】高安動脈炎