メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

2017花粉症対策 2017花粉症対策
 2017花粉症対策へ戻る

花粉飛散動向⑦主体はヒノキ花粉へ

スギ花粉も北日本ではまだピーク

2017花粉症対策 | 2017.04.20

 4月も後半に入り、北日本を除く多くの地域でスギ花粉の飛散はピークを過ぎ、ヒノキ花粉の飛散がピークを迎えるようになってきた。最近になって温暖な日が続くようになったが、今年の春は全体的に気温の低い日が多かったため、例年に比べスギ花粉の飛散量は少なめであった。NPO花粉情報協会事務局長/元東邦大学薬学部教授の佐橋紀男氏に、2017年4月18日現在における北日本のスギ花粉および全国各地のヒノキ花粉の飛散状況を聞いた(同協会では、その年の1月1日以降にダーラム式計測法にて1cm2当たりで初めて花粉が観測された日を「初観測日」、ダーラム式測定法により1cm2当たり1個以上の花粉が2日連続して観測された最初の日を「飛散開始日」と定義している)。

 

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    食の欧米化で日本人は健康になる

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  連載・特集 >  2017花粉症対策 >  花粉飛散動向⑦主体はヒノキ花粉へ

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R05507033有効期限:5月末まで