メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  女性医師の生涯を通じた活躍

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

女性医師の生涯を通じた活躍

No.2/50

日本赤十字社医療センター 第二産婦人科 部長 木戸 道子

 2017年04月24日 07:05
プッシュ通知を受取る

【未解決の背景】出産・育児などに際して就労を継続するための環境整備が不十分

 ライフスタイル、生活環境、価値観は人それぞれであり、「女性医師」をひとくくりに扱うことは適切ではないが、わが国では家事、育児、介護などの家庭的責任の負担が女性でより重いことが多く、女性医師が仕事で実力を存分に発揮することは難しい環境にある。その背景には、待機児童問題などに代表される子育て支援リソースの不足とともに、当直という名の「名ばかり宿日直」をはじめとした「ブラックな働き方」があることは言うまでもない。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  女性医師の生涯を通じた活躍