メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】ポルフィリン症

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】ポルフィリン症

 2017年04月26日 09:30

 ポルフィリンはヘム蛋白の構成成分。ヘム蛋白は8種類の酵素によって産生されるが、その異常により肝臓や骨髄でポルフィリンが過剰に産生される病態がポルフィリン症である。どの酵素が異常かによって8種類の病型に分類される。臨床的には皮膚ポルフィリン症と急性ポルフィリン症に大別される。皮膚ポルフィリン症は光線過敏の皮膚症状や肝臓障害などを、急性ポルフィリン症は急性の腹部・神経・循環器症状を呈する。いずれも根本治療はなく、皮膚ポルフィリン症では日光の回避、急性ポルフィリン症では誘因となる薬剤を使用しないことが予防上重要である。急性ポルフィリン症では、急性発作時の治療薬であるヘミンが2013年に薬価収載され、治療に際して大きな前進となっている。2015年に指定難病になった。(参考:日本皮膚科学会/難病情報センター公式サイト)

■関連記事

未診断20年は当たり前、ポルフィリン症

読み解くためのキーワード一覧

記事一覧

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】ポルフィリン症

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10507713 有効期限:10月末まで