メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  二大アレルギー疾患の同時治療

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

二大アレルギー疾患の同時治療

No.3/50

埼玉医科大学呼吸器内科教授 埼玉医科大学病院アレルギーセンター センター長 永田 真

 2017年05月06日 07:00
プッシュ通知を受取る

【未解決の背景】通年性気管支喘息と花粉症は高頻度で合併

 日本における気管支喘息やアレルギー性鼻炎の主要な病因アレルゲンとして、通年性のものとしては室内塵中のダニが最も重要である。また春先に特に本州や四国などでスギ花粉が、鼻炎・結膜炎だけでなく、喘息症状の悪化を来して患者を苦しめることとなる。困ったことに、この両者は極めて高頻度に合併しているのである。筆者らの検討では、ダニアレルギーによる喘息患者の80%以上は、春季には花粉症症状も合併していることが確認されている。すなわち年間を通じて治療を要する気管支喘息患者の多くは、スギ花粉症患者でもあることとなる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  二大アレルギー疾患の同時治療