メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  精神科での十分な診療時間の確保

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

精神科での十分な診療時間の確保

No.4/50

(MdM Japon)みどりの杜クリニック(東京都)院長 森川 すいめい

 2017年05月12日 07:05
プッシュ通知を受取る

【未解決の背景】丁寧に話を聞くと病院は赤字に

 認知症や精神の病を持ち、そのことで疲弊する本人や家族は多い。抱える課題は複雑で、簡単には解決しない。解決には長い時間が必要である。

 精神科へ行けばどうにかなると思って訪れても、課題を解決してくれるような場ではないと気付かされる。それは医療側に時間がないからだ。病院は長く丁寧に話を聴くと、赤字になるのである。

 病院に勤める精神科医は、1人当たり6分で診療しなさいといわれてしまう。本人や家族が何を期待しているのかは置き去りにされ、病状のみで病名が付き、あとは薬を処方されるだけ。複雑に絡み合った生きづらさについて、精神医療が十分にアプローチできていない。それは精神医療へのアクセスができていないのと同じである。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  精神科での十分な診療時間の確保