メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  精神科医も身体的モニタリングを

CNS Today CNS Today

精神科医も身体的モニタリングを

統合失調症患者の身体管理の重要性

 2017年05月29日 07:04

  統合失調症患者では、一般人口と比べて平均寿命が15〜20年短いことが知られており、心臓突然死を含む心臓関連死が多く見られる。また、糖尿病発症率は一般人口に比べて約2倍高い。これまで第二世代抗精神病薬(SGA)による糖尿病リスクの上昇が問題視されてきたが、それだけではなく複合的な要因が重なって糖尿病を発症していると考えられる。統合失調症患者の薬物療法と糖尿病を含む身体管理について北海道大学大学院精神医学教室教授の久住一郎氏に聞いた。同氏は「精神科医による身体的モニタリングが重要である」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  精神科医も身体的モニタリングを

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10508642 有効期限:10月末まで