メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  家庭医そんそんの「対話」のススメ »  【其の十五】「裸の付き合い」の意外な効能

家庭医そんそんの「対話」のススメ 家庭医そんそんの「対話」のススメ

 2016年4月に連載が始まった『家庭医そんそんの「対話」のススメ』では、医療者と患者のコミュニケーションについてお伝えしてきました。今年度(2017年度)はテーマを「コミュニティ」に絞り、地域コミュニティや人のつながりと健康との関係、それらに対して医療者として何ができるかなどについて展開していきます。

【其の十五】「裸の付き合い」の意外な効能

 2017年06月15日 07:20
プッシュ通知を受取る

減少する銭湯と健康にどんなつながりが?

 今回は「銭湯」と健康との関係について取り上げます。

 銭湯といえば、私のような昭和生まれの世代には、「二人で行った横丁の風呂屋〜♪」の名曲「神田川」や、銭湯を舞台にしたホームドラマ「時間ですよ」が思い浮かびます。昭和の古き良き時代の思い出とともに、銭湯は庶民の憩いの場であったといえるでしょう。高度経済成長期(1954〜73年ごろ)の東京は、内風呂がない住宅が多かったため、老若男女がこぞって銭湯に通っていました。しかし時代とともに内風呂が普及したため、最盛期の1968年(昭和43年)に都内に2,660件あった銭湯は、2014年(平成26年)には659件まで減少してしまいます。今や「絶滅危惧種」ほどに危うい存在の銭湯ですが、果たして健康とはどんな関係があるのでしょうか。

photo1荒川区にある「梅の湯」。2016年9月にリニューアルオープン。下町の銭湯の良さを生かしながら、ロビースペースでヨガ教室など多彩なイベントが開催されている(筆者提供)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ランキング

  1. 1

    SGLT2阻害薬で変動するがんリスク

  2. 2

    喘息でない咳にも吸入ステロイド!?

  3. 3

    生物学的製剤治療中は髄膜炎に注意

  4. 4

    糖尿病初診時に膵がんを見逃すな

  5. 5

    快刀乱麻 医師拷問死事件で判決

  6. 6

    324種の遺伝子を一度で検査、米承認

  7. 7

    【Essay】「数の論理」が通用する世界?

  8. 8

    新専門医、大都市圏で定員調整完了

  9. 9

    自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

  10. 10

    「中皮腫細胞診断の手引き」が公表

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    呼吸器学会が新型たばこを「非推奨」

  2. 2

    コーヒー摂取による害と益の分水嶺

  3. 3

    高血圧の定義を130/80に厳格化

  4. 4

    【離島医最終回】「釣り針」の抜き方

  5. 5

    SGLT2阻害薬に初発予防効果はあるか

  6. 6

    BP製剤とSERMの直接比較の結果が発表

  7. 7

    ASCOが"危険な飲酒"に声明

  8. 8

    デュロキセチンによる疼痛治療の注意点

  9. 9

    新旧骨形成促進薬の対決

  10. 10

    セックス中の心停止例の実態調査

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  家庭医そんそんの「対話」のススメ »  【其の十五】「裸の付き合い」の意外な効能

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12508602 有効期限:12月末まで