メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  花粉飛散動向⑧来年以降はヒノキ花粉増加か

2017花粉症対策 2017花粉症対策

花粉飛散動向⑧来年以降はヒノキ花粉増加か

スギ花粉の飛散量はプラトー状態へ

 2017年06月23日 07:10
プッシュ通知を受取る

 スギ・ヒノキの花粉飛散は5月に入り、各地で終息した。毎年スギ・ヒノキ花粉の飛散量を調査・分析しているNPO花粉情報協会事務局長で元東邦大学薬学部教授の佐橋紀男氏に、今年(2017年)におけるスギ・ヒノキ花粉の飛散状況を総括し、来年以降の動向について展望していただいた。来シーズン以降、スギ花粉の飛散量は徐々に年による増減の幅が小さいプラトーの状態に移行する一方、ヒノキは気象条件などにより今以上に増加していく可能性があるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  花粉飛散動向⑧来年以降はヒノキ花粉増加か