メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  特集「上田ではなぜ?保険薬局生き残り策を飯島康典氏に聞く」 »  なぜ、医師や薬剤師と住民との協働が可能なのか

特集「上田ではなぜ?保険薬局生き残り策を飯島康典氏に聞く」

なぜ、医師や薬剤師と住民との協働が可能なのか

 2017年06月27日 08:30
プッシュ通知を受取る

  前回の"上田ではなぜ?"では、上田薬剤師会がいかに患者=住民との信頼関係を築いてきたかを概観した(→関連記事)。住民のヘルスリテラシー向上まで射程にいれた活動には瞠目させられるが、薬剤師として住民の間に存在感を示すと地域の問題に直面せざるを得ない。そして、地域には高齢化、独居世帯や老老世帯の増加...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  特集「上田ではなぜ?保険薬局生き残り策を飯島康典氏に聞く」 »  なぜ、医師や薬剤師と住民との協働が可能なのか