メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  サルコペニアを来さない体重減量法とは

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

サルコペニアを来さない体重減量法とは

日本人の蛋白質摂取量再考の必要性

 2017年06月28日 18:00
プッシュ通知を受取る

研究の背景:体重を減らすと筋肉量や骨塩量も減らないか?

 米国では65歳以上の高齢者の3分の1は肥満らしい。しかし、体重減量介入が筋肉量や骨塩量をも減少させることにより、サルコペニア(筋肉量および筋力の低下)を来たしかねないとの懸念があった。

 このたび、食事療法による減量に加え、運動療法(特に有酸素運動+レジスタンス運動の混合運動)を実施することで、少なくとも身体機能(生活活動能力や有酸素運動能や筋力)を改善させながらの減量が可能であることがN Engl J Med2017;376:1943-1955)に報告された。メタボ(メタボリックシンドローム)とロコモ(ロコモティブシンドローム)に苦しむわが国において、サルコペニアを予防する体重減量法を考える上で参考になると考え、ご紹介したい。私は、日本人の蛋白質摂取量を再考する必要性があると考えている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  サルコペニアを来さない体重減量法とは

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11509177 有効期限:11月末まで