メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  超長時間作用インスリンの有効性と安全性

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

超長時間作用インスリンの有効性と安全性

デグルデクがグラルギンより劣ることはない

 2017年07月07日 06:00

研究の背景:デグルデクの米国での承認はかつて"待った"がかけられた

 せんだって紹介したCANVAS program(関連記事「これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定」)と同じ6月12日、同様にN Engl J Med オンライン版に発表されたのがDEVOTE試験である。

 インスリンデグルデク(商品名トレシーバ、以下デグルデク)は半減期が18~25時間、作用時間が約40時間に及ぶという超長時間の持効型溶解インスリンアナログであり、開発当初からその安定した作用により、より少ない低血糖エピソードで既存のインスリン製剤と同様の血糖管理を得られることが期待されている。実際、日本でも1型糖尿病患者を中心に基礎インスリン製剤として多くの患者に処方されてきている。

 そんなデグルデクに衝撃が走ったのが2013年のことである。米食品医薬品局(FDA)がデグルデクの承認を保留したのである。その理由は、インスリングラルギン(商品名ランタス、以下グラルギン)との比較を行った16件の試験の成績を見ると、ことによると心血管疾患の増加の可能性が否定できないからということであった。この疑念を払拭するために、ノボ・ノルディスク社が力を注いで実施したインスリンデグルデクの心血管アウトカム試験がDEVOTEである。

 私自身、デグルデクの効果に注目してきた者の1人であり(J Diabetes Sci Technol 2015;9:632-638)、DEVOTE試験の結果には大変な関心を抱いていた。そして、心血管疾患の増加の可能性は否定された。実は、2015年にFDAはデグルデクを承認しており、そのような結果であることは予測されていたのではあるが、まずは喜びをもってお伝えしたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    米国のてんかん患者数が増加、CDC・2015年推計

  2. 2

    "美容整形"後遺症に対する修正手術の実際

  3. 3

    開業に必要な3つの「決めるべきこと」

  4. 4

    生薬の"染色体毒性"を防いで流産防止

  5. 5

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  6. 6

    脳卒中後スタチン中止で再発リスク増加

  7. 7

    脳動脈瘤治療は血管内治療に劇的シフト!

  8. 8

    術前の"薬識"欠如が高齢患者の予後に影響

  9. 9

    【キーワード】異物肉芽腫

  10. 10

    GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    統合失調症、陰性症状の治療と支援

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  超長時間作用インスリンの有効性と安全性

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R08509305有効期限:8月末まで