メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  ビタミンCの大復活来るか!?

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

ビタミンCの大復活来るか!?

神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

 2017年07月11日 06:00

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

研究の背景:がんやアンチエイジングで成績を残せなかったビタミンC

 もちろん、ビタミンCは大事だ。欠乏状態が壊血病という疾患の原因となるのはマンガ『ワンピース』でも紹介されているくらいで、一般市民にとっても"常識"だ。しかし、だからといって、そのビタミンCが病気の治療に役立つとは限らない。事実、ビタミンCは抗酸化作用を持つという理由から、がんの治療や予防、アンチエイジングに有効だと言われてきた。が、数々の臨床試験の結果はネガティブであり、そのようなアウトカムは見いだせなかったのである。

 敗血症の本態はサイトカインストームによる臓器障害や循環不全であり、このカスケードをブロックするのがステロイドである。そして、ビタミンCはステロイドの効果にシナジーをもたらす。両者はともに核内因子κB(NFκB)を阻害し、炎症性物質の産生を抑える。集中治療を必要とする患者では、しばしばチアミン(ビタミンB1)も欠乏している。

 このような理論から敗血症患者にビタミンCをヒドロコルチゾンと併用したMarikは、患者を救命した自身の経験を根拠に、自身のICUでステロイド・ビタミンC併用療法を行うようになった。1日量6gという大量のビタミンCだ(最大4日間)。彼らは臨床試験でその効果を確認しようとした

Marik PE, et al. Chest 2017; 151(6): 1229-1238. doi: 10.1016/j. chest.2016. 11.036. Epub 2016 Dec 6.

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    新専門医制度の登録開始日遅れる

  2. 2

    一新されたてんかん分類のポイントを解説

  3. 3

    世界の食事摂取基準を変える!新研究

  4. 4

    血圧高値の脈圧上昇は良好な転帰の予測因子

  5. 5

    解散総選挙近し! 先生方の投票行動についてのうかがいます。与党系は自公維とお考えください。 (医師会員からの投稿)

  6. 6

    Q:健康への政府支出が少ない国は?

  7. 7

    【キーワード】類上皮血管内皮腫

  8. 8

    日本人での血漿ケトン体の変動は?

  9. 9

    糖尿病患者は肝がん死亡率が高い

  10. 10

    妊娠中の持続血糖測定で新生児転帰が改善

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    第一選択薬はメトホルミンか、GLP-1薬か

  2. 2

    マクロライドの光と影

  3. 3

    「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

  4. 4

    片頭痛は前駆期にトリプタン系薬を開始、制吐薬を併用せよ!

  5. 5

    宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

  6. 6

    カフェイン摂取でアナフィラキシー

  7. 7

    【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常

  8. 8

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  9. 9

    日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

  10. 10

    急性心筋梗塞に酸素投与の効果なし

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  ビタミンCの大復活来るか!?

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R09509330有効期限:9月末まで