メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  難しいさじ加減、記事加減

編集こぼれ話 編集こぼれ話

難しいさじ加減、記事加減

 2017年07月12日 07:30

 先月中旬に取材してきた日本老年医学会では、高齢者に関する医療問題の多様さ、根深さを改めて認識するセッションが多数ありました。

 なかでも記事「適切な減薬に7つのポイント」には、多数のコメントが寄せられ、高齢者におけるポリファーマシー(多剤併用)の問題に多くの先生が関心を持ち、苦労していることがうかがえました。

 しかも、数が多いだけではなく「普段から思っている事を吐き出している感じで、コメント欄が狭すぎる先生もいらっしゃいますね」とのコメントを頂戴するほど、気持ちのこもった意見を下さった先生も少なからずいらっしゃいました。ありがとうございます。

 頂戴したコメントを拝見しますと「勿論不適切な薬剤の投与は控えたいが、制度やシステム、患者の事情などがあるため、適度な減薬を実現するのはなかなか難しい」といった内容のご意見が大勢を占めていたようです。

 「医者の薬もさじ加減」とは、医者がどんなに良い薬を処方しようとしても、投与量が正しくなければ効果がないように、何事も適度な加減が大切であるという意味のことわざですが、「適度な加減」というのは言葉でいうほど簡単ではないのでしょう。

 ポリファーマシーの改善に最も適した「さじ加減」を探る動きをこれからも注視していきたいと思います。

 ちなみに私の場合は、いつも記事の「適度な加減」に悩んでいます。文字数が多すぎては読むのが大変だし、少なすぎては意味が十分伝わらない。"さじ加減"ならぬ"記事加減"にああでもない、こうでもないと頭を抱える日々です。

■関連記事

適切な減薬に7つのポイント

【薬剤師が医師に伝えたいこと】疑義照会の意義

高齢者の多剤服薬に"切り込む"薬剤師

多職種チームで取り組むポリファーマシー外来

(陶山 慎晃)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    "美容整形"後遺症に対する修正手術の実際

  2. 2

    GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

  3. 3

    脳動脈瘤治療は血管内治療に劇的シフト!

  4. 4

    陰毛処理に関連する傷害が4人に1人で発生

  5. 5

    脳卒中後スタチン中止で再発リスク増加

  6. 6

    製造販売後調査で1品目4,200万円

  7. 7

    皮膚科医が地方で勤務する条件が明らかに

  8. 8

    わずかな力で片麻痺患者の歩行を補助

  9. 9

    切除不能肝細胞がんに対するレンバチニブ

  10. 10

    米国のてんかん患者数が増加、CDC・2015年推計

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  難しいさじ加減、記事加減

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R08509415有効期限:8月末まで