メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  RA治療におけるバイオフリー寛解の達成

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

RA治療におけるバイオフリー寛解の達成

No.7/50
産業医科大学第一内科学講座 教授 田中 良哉

 2017年07月18日 06:30
プッシュ通知を受取る

【未解決の背景】バイオ抗リウマチ薬は有効だがいつまで投与すべきかは不明

田中 良哉 教授 関節リウマチ(RA)は、関節滑膜炎を病態の主座とする代表的な自己免疫疾患で、多関節の疼痛・腫脹やこわばりなどの臨床症候、関節変形がQOLを著しく損なう。RAに伴う関節破壊は発症早期から進展し、不可逆的な身体機能障害を生じるため、早期の治療介入により関節炎を速やかに沈静化させて寛解を目指す。治療戦略としては免疫異常を是正し疾患活動性を制御することを目的に、メトトレキサート(MTX)などの合成抗リウマチ薬と腫瘍壊死因子(TNF)やインターロイキン(IL)-6などを標的としたバイオ抗リウマチ薬が使用されており、寛解導入は全てのRA患者が達成すべき目標となった(Lancet 2016; 388: 2023-2038、)。

〈図〉 抗リウマチ薬を用いた関節リウマチの治療戦略

1707007_fig_1.jpg

(田中良哉氏提供)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  RA治療におけるバイオフリー寛解の達成

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11509321 有効期限:11月末まで