メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  RA治療におけるバイオフリー寛解の達成

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

RA治療におけるバイオフリー寛解の達成

No.7/50

産業医科大学第一内科学講座 教授 田中 良哉

 2017年07月18日 06:30
プッシュ通知を受取る

【未解決の背景】バイオ抗リウマチ薬は有効だがいつまで投与すべきかは不明

田中 良哉 教授 関節リウマチ(RA)は、関節滑膜炎を病態の主座とする代表的な自己免疫疾患で、多関節の疼痛・腫脹やこわばりなどの臨床症候、関節変形がQOLを著しく損なう。RAに伴う関節破壊は発症早期から進展し、不可逆的な身体機能障害を生じるため、早期の治療介入により関節炎を速やかに沈静化させて寛解を目指す。治療戦略としては免疫異常を是正し疾患活動性を制御することを目的に、メトトレキサート(MTX)などの合成抗リウマチ薬と腫瘍壊死因子(TNF)やインターロイキン(IL)-6などを標的としたバイオ抗リウマチ薬が使用されており、寛解導入は全てのRA患者が達成すべき目標となった(Lancet 2016; 388: 2023-2038、)。

〈図〉 抗リウマチ薬を用いた関節リウマチの治療戦略

1707007_fig_1.jpg

(田中良哉氏提供)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  RA治療におけるバイオフリー寛解の達成

error in template: found but mtif was expected