メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  医原性サルコペニアの防止

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

医原性サルコペニアの防止

No.8/50
横浜市立大学市民総合医療センター リハビリテーション科  講師 若林 秀隆

 2017年07月20日 06:00
プッシュ通知を受取る

【未解決の背景】「とりあえず安静・禁食・水電解質輸液」への認識が不足

田中 良哉 教授 サルコペニアとは、進行性、全身性に認められる筋肉量減少と筋力低下である。2016年10月に国際疾病分類(ICD)-10に取り入れられ、国際的に疾患と認識されている。サルコペニアの原因は、加齢、活動(廃用性筋萎縮)、栄養(エネルギー摂取不足・飢餓)、疾患(急性炎症・侵襲、悪液質、神経筋疾患)に分類される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

子どものころ好きだった昆虫は?

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  医原性サルコペニアの防止

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R08509565 有効期限:8月末まで