メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】なぜ、今「脳卒中と 循環器病克服5カ年計画」が必要?

時間の風景 時間の風景

【Essay】なぜ、今「脳卒中と 循環器病克服5カ年計画」が必要?

奈良県立医科大学循環器・腎臓・代謝内科(第1内科) 教授 斎藤 能彦

 2017年07月30日 06:00
プッシュ通知を受取る

 日本循環器学会と日本脳卒中学会は関連19学会と共同して、昨年(2016年)12月に「脳卒中と循環器病克服5カ年計画」をプレス発表しました。本計画の必要性が議論され始めた一昨年の夏、小生は日本循環器学会の学術委員会委員長を拝命しており、本計画の作成に中心的に関わらせていただく機会に恵まれました。この計画では、脳卒中、心不全、血管病(急性心筋梗塞、大動脈疾患を含む)を3疾病と選定し、人材育成、医療体制の充実、登録事業の促進、予防・国民への啓発、臨床・基礎研究の強化、の5戦略に学会を挙げて取り組み、5年間で「脳卒中と循環器病による年齢調整死亡率を5%減少させる」ことと「健康寿命を延伸させる」ことを大目標といたしました。そして、キャッチフレーズとして「ストップCVD(脳心血管病)健康長寿を達成するために」を掲げました。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】なぜ、今「脳卒中と 循環器病克服5カ年計画」が必要?