メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】なぜ、今「脳卒中と 循環器病克服5カ年計画」が必要?

時間の風景 時間の風景

【Essay】なぜ、今「脳卒中と 循環器病克服5カ年計画」が必要?

奈良県立医科大学循環器・腎臓・代謝内科(第1内科) 教授 斎藤 能彦

 2017年07月30日 06:00
プッシュ通知を受取る

 日本循環器学会と日本脳卒中学会は関連19学会と共同して、昨年(2016年)12月に「脳卒中と循環器病克服5カ年計画」をプレス発表しました。本計画の必要性が議論され始めた一昨年の夏、小生は日本循環器学会の学術委員会委員長を拝命しており、本計画の作成に中心的に関わらせていただく機会に恵まれました。この...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

もうすぐ年越し。年末年始の予定は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】なぜ、今「脳卒中と 循環器病克服5カ年計画」が必要?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:12月末まで