メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】なぜ、今「脳卒中と 循環器病克服5カ年計画」が必要?

時間の風景 時間の風景

【Essay】なぜ、今「脳卒中と 循環器病克服5カ年計画」が必要?

奈良県立医科大学循環器・腎臓・代謝内科(第1内科) 教授 斎藤 能彦

2017年07月30日 06:00

 日本循環器学会と日本脳卒中学会は関連19学会と共同して、昨年(2016年)12月に「脳卒中と循環器病克服5カ年計画」をプレス発表しました。本計画の必要性が議論され始めた一昨年の夏、小生は日本循環器学会の学術委員会委員長を拝命しており、本計画の作成に中心的に関わらせていただく機会に恵まれました。この...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】なぜ、今「脳卒中と 循環器病克服5カ年計画」が必要?