メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  こぼれてはいけないこぼれ話

編集こぼれ話 編集こぼれ話

こぼれてはいけないこぼれ話

 2017年08月04日 06:00

 ただいま季節は夏真っ盛り。うだるように暑い日々が続いていますが、
先日「暑さ」ならぬ「熱さ」の危険性に関する記事(「小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い」)を掲載したところ、読者から多くの反響が寄せられました。お読み頂きありがとうございます。

 即席麺の代表格である、いわゆるカップ麺には添加物や塩分が多く含まれているため、健康にあまり良くないという記事はよく目にします。しかし、今回記事として取り上げたのは、即席麺を「食べる」ことによるリスクではなく、「つくる」ことによるリスク、つまり即席麺の調理に用いる熱湯を原因とする熱傷についての研究結果です。

 今年(2017年)6月に行われた第116回日本皮膚科学会で発表されたこの研究結果からは、わが国で発生する小児熱傷のうち、即席麺を調理してから食べるまでの過程で発生した熱傷の占める割合が比較的高いことが示されました。普段私たちの身近にある食べ物に潜む意外なリスクに驚きをおぼえましたが、先生方はいかがだったでしょうか?

 発表者である飯塚病院(福岡県)皮膚科の村田真帆氏は、小児における即席麺関連熱傷の特徴について「身長が低いため、食卓などの上方から誤って熱湯や汁などの熱い液体をかぶる例が多く、受傷部位が広範囲にわたる」と述べ、「小児が即席麺を調理する際は、保護者などが見守る意識をより強く持つことでその発生を抑制できるのでは」と考察しています。

 夏休みに入り、子供達が家庭で食事をする機会も増えてくるこの時期、調理に使う熱湯には気をつけたいものです。くれぐれもこぼしたりなどしないように。

■関連記事

小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

(陶山 慎晃)

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  こぼれてはいけないこぼれ話

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10509853 有効期限:10月末まで