メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】外科医の技術を評価分析する

時間の風景 時間の風景

【Essay】外科医の技術を評価分析する

関西医科大学腎泌尿器外科学 教授 松田 公志

 2017年08月06日 06:00

 1989年秋に、恩師の吉田修教授から、腹腔鏡手術を始めるようにとの指示を受けた。幸い、その5年前に日本不妊学会(現・日本生殖医学会)の招請講演でドイツのKurt Semm教授の講演を聴いたことがあったので、「それなんですか」と尋ねる愚は避けられた。それから器具を準備し、手術手技のトレーニングを見よう見まねで行って、1990年2月に最初の腹腔鏡下精索静脈瘤手術を行った。それから、さまざまな術式の開発、導入が行われ、まさに外科の体系が大きく変わるその現場を目の当たりに体験してきた。外科医としては、この上なく興味深い時代を生きる僥倖に恵まれたと言えよう。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】外科医の技術を評価分析する

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10509872 有効期限:10月末まで