メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  低リン血症性疾患の 診断・治療

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

低リン血症性疾患の 診断・治療

No.9/50

徳島大学先端酵素学研究所 藤井節郎記念医科学センター 分子内分泌学研究分野  特任教授 福本 誠二

 2017年08月07日 10:38
プッシュ通知を受取る

【未解決の背景】血中のリン濃度調節機構には不明な点が多く鑑別が困難な上、病因に基づいた治療法がない

 血中カルシウム濃度は、カルシウム調節ホルモンである副甲状腺ホルモンと1,25-水酸化ビタミンD〔1,25(OH)2D〕の作用により、狭い範囲に維持されている。一方、血中リン濃度の調節機構については、固有のリン調節ホルモンが明らかではなく、不明な点が多く残されていた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  低リン血症性疾患の 診断・治療