メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  低リン血症性疾患の 診断・治療

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

低リン血症性疾患の 診断・治療

No.9/50
徳島大学先端酵素学研究所 藤井節郎記念医科学センター 分子内分泌学研究分野  特任教授 福本 誠二

 2017年08月07日 10:38

【未解決の背景】血中のリン濃度調節機構には不明な点が多く鑑別が困難な上、病因に基づいた治療法がない

 血中カルシウム濃度は、カルシウム調節ホルモンである副甲状腺ホルモンと1,25-水酸化ビタミンD〔1,25(OH)2D〕の作用により、狭い範囲に維持されている。一方、血中リン濃度の調節機構については、固有のリン調節ホルモンが明らかではなく、不明な点が多く残されていた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  低リン血症性疾患の 診断・治療

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10509713 有効期限:10月末まで