メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  公的機関のがん情報、「更新が追いつかない」

編集こぼれ話 編集こぼれ話

公的機関のがん情報、「更新が追いつかない」

 2017年08月11日 07:00

 日本肺癌学会の「肺がん医療向上委員会」は、患者団体や製薬・医療機器関連企業、メディアなどが参加できるセミナーを定期的に開催しています。先日開催されたセミナーでは、記事「製薬業界の自主規制、『行き過ぎてないか』」で紹介した講演のほかに、国立がん研究センターがん対策情報センターが運営している公式サイト「がん情報サービス」の取り組みも紹介されました。  

 がん情報サービスのコンテンツは全部で1万5,000ページ以上あり、そのうち約1,600ページが一般の人向けの情報だそうです。この一般向けの情報の中で圧倒的に閲覧数が多いのが「各種がんの解説」だそうですが、現在そのコンテンツ更新が非常に大変になってきているとか。69種あるがんの解説の中で、3年以内ごとに更新できているのは半分ほどで、質を担保するためにエビデンスの確認や査読・評価にもかなりの労力を費やしており、1種のがん情報を更新するのに短くて半年、長いと3年もかかっているとのことでした。

 今年度からは厚生労働科学研究「将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究」が始まったそうですが、迅速で幅広く信頼できるがん情報発信の体制確立に向けた解決策は「まだ見えない」とのこと。製薬業界の自主規制の問題とともに、がん情報提供の課題は非常に身につまされるような話でした。

■関連記事

製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

(髙田 あや)

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  公的機関のがん情報、「更新が追いつかない」

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10510077 有効期限:10月末まで