メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  職場うつの回避による労働生産性向上

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

職場うつの回避による労働生産性向上

No.11/50
筑波大学大学院 産業精神医学・宇宙医学グループ  教授 松崎 一葉

 2017年08月25日 06:45

【未解決の背景】Absenteeism以上にpresenteeismが深刻化

 わが国では「働き方改革」が推進されようとしている。プレミアムフライデーをはじめとして労働時間の短縮が叫ばれている。しかしながら、日本経済は徐々に回復の基調にあるようだがまだまだ予断は許さず、企業は売り上げ拡大・業績の向上の至上命題から逃れることはできない。「早く帰れ」と「業績を上げろ」とは、明らかに相反する要求である。つまりこの2つの命題を同時に達成するには、その間をつなぐ「労働生産性の向上」の実現が必須なのである。

 もちろん、企業は業務の外注やIT化などにより生産性向上を目指しているのだが、実はそれ以上に深刻なのがpresenteeism(プレゼンティーズム) である。これは「出勤しているにもかかわらず、健康上の問題で十分なパフォーマンスが発揮されない状態」を意味する。近年の産業衛生分野では、疾病による休業(absenteeism)そのものよりも、この非効率状態に焦点が当てられるようになった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  職場うつの回避による労働生産性向上

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10510342 有効期限:10月末まで