メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  書籍『SimWars 救急シミュレーションシナリオ集』監訳者に聞く

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

書籍『SimWars 救急シミュレーションシナリオ集』監訳者に聞く

児玉貴光氏に聞く・・・「2023年問題」解決の一助にも

 2017年08月26日 07:00

 米国では、優秀な救急医を育成するためにシミュレーション教育が活発に行われている。近年、同国における救急医学レジデント教育の核となっているのがSimWarsと呼ばれるイベントで、シミュレーション教育上、重要な役割を担っているという。それをシナリオ集としてまとめたのが本書だ。SimWarsの開発者で本書の編集者の1人でもあるDr. Yasuharu Okudaと交渉し、日本語版の出版にこぎ着けた愛知医科大学災害医療研究センター准教授の児玉貴光氏に、日本で出版される意義などを聞いた。

1708043_face3.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  書籍『SimWars 救急シミュレーションシナリオ集』監訳者に聞く

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10510420 有効期限:10月末まで