メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  書籍『SimWars 救急シミュレーションシナリオ集』監訳者に聞く

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

書籍『SimWars 救急シミュレーションシナリオ集』監訳者に聞く

児玉貴光氏に聞く・・・「2023年問題」解決の一助にも

 2017年08月26日 07:00
プッシュ通知を受取る

 米国では、優秀な救急医を育成するためにシミュレーション教育が活発に行われている。近年、同国における救急医学レジデント教育の核となっているのがSimWarsと呼ばれるイベントで、シミュレーション教育上、重要な役割を担っているという。それをシナリオ集としてまとめたのが本書だ。SimWarsの開発者で本書の編集者の1人でもあるDr. Yasuharu Okudaと交渉し、日本語版の出版にこぎ着けた愛知医科大学災害医療研究センター准教授の児玉貴光氏に、日本で出版される意義などを聞いた。

1708043_face3.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  書籍『SimWars 救急シミュレーションシナリオ集』監訳者に聞く

error in template: found but mtif was expected