メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  睡眠の質改善による労働災害の低減

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

睡眠の質改善による労働災害の低減

No.12/50
中部大学生命健康科学研究所特任教授 日本睡眠教育機構 理事長 宮崎 総一郎

 2017年08月30日 06:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

【未解決の背景】疾病リスクだけでなく経済的損失も甚大

 24時間、生産・消費・交通システムが動いている現代社会では、人々の生活スタイルは夜型化し睡眠時間は確実に減少している。2015年の国民生活時間調査では日本人の平均睡眠時間は7時間15分(平日)であり、健康を維持できるぎりぎりのところに来ている。高度経済成長期には、生産性がないと思われている睡眠時間をできるだけ切り詰めて働けば、生産性が上がり、経済的に裕福になるとの考えから、昼も夜も24時間にわたって睡眠を削って活動してきた。その結果として健康を害し、心のゆがみやうつ病を生じることになった。交代勤務の経験年数と病気との関係を調べた研究では、交代勤務を長く続けていると、その年数に比例して、うつ病や心臓病のリスクがどんどん増えることが分かっている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  睡眠の質改善による労働災害の低減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R06510355 有効期限:6月末まで