メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  睡眠の質改善による労働災害の低減

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

睡眠の質改善による労働災害の低減

No.12/50

中部大学生命健康科学研究所特任教授 日本睡眠教育機構 理事長 宮崎 総一郎

 2017年08月30日 06:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

【未解決の背景】疾病リスクだけでなく経済的損失も甚大

 24時間、生産・消費・交通システムが動いている現代社会では、人々の生活スタイルは夜型化し睡眠時間は確実に減少している。2015年の国民生活時間調査では日本人の平均睡眠時間は7時間15分(平日)であり、健康を維持できるぎりぎりのところに来ている。高度経済成長期には、生産性がないと思われている睡眠時間をできるだけ切り詰めて働けば、生産性が上がり、経済的に裕福になるとの考えから、昼も夜も24時間にわたって睡眠を削って活動してきた。その結果として健康を害し、心のゆがみやうつ病を生じることになった。交代勤務の経験年数と病気との関係を調べた研究では、交代勤務を長く続けていると、その年数に比例して、うつ病や心臓病のリスクがどんどん増えることが分かっている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  睡眠の質改善による労働災害の低減

error in template: found but mtif was expected