メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑳ 臨床研究法とディオバン裁判(下)

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻⑳ 臨床研究法とディオバン裁判(下)

 2017年09月07日 06:30

 前回に引き続いてディオバン事件の判決と臨床研究法についてお話する(関連記事:「臨床研究法とディオバン裁判(上)」)。今回の事件では、東京地裁は被告人の行為についての事実認定では、おおむね検察官の主張を採用している。まず、カルシウム拮抗薬(CCB)とディオバン(一般名バルサルタン)の併用についてのスタディでは、被告人は、CCBサブ解析におけるCCB投与群とCCB非投与群との群分けについて、一定の基準に基づかない恣意的な群分けをしていること、その群分けはCCBの使用期間が12カ月を超えるか否かという基準でなされたものではないにもかかわらず、共同研究者らに対し、CCBの使用期間が12カ月を超えるか否かという基準で群分けがされたという前提で、解析結果を記載した論文用の図表を提供したものと認定した。

 この認定では、大学の先生方は、被告人に騙されて誤った論文を作成させられたという図式である。マスコミやネット上であれこれ言われていた構図とはかなり異なる図式であるが、はっきり言って、多少の研究費と引き換えに論文取り下げ(retraction)騒ぎになって研究者生命に傷が付くような疫学論文を書く義理は大学の先生方にはないであろうから、統計に疎いために被告人の言う通りに動いたと考える方が自然であろう。認定は適切であると感じる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑳ 臨床研究法とディオバン裁判(下)

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10510485 有効期限:10月末まで