メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  「COPDにはとりあえずムコダイン」で良いのか?

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

「COPDにはとりあえずムコダイン」で良いのか?

カルボシステインの最新メタ解析から

 2017年09月11日 06:00
プッシュ通知を受取る

研究の背景:内服薬でCOPD増悪を抑制できるなら願ってもないこと

 呼吸器内科医のほぼ全員が知っている(ことを願う)臨床試験にPEACE試験がある(Lancet 2008;371:2013-2018)。私たちは分かりやすいように、しばしば「ムコダイン®試験」などと呼んでいる。

 PEACE試験は今から10年以上前に中国で実施された、二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)である。登録患者は、去痰薬カルボシステイン(ムコダイン®:1,500mg/日、1年間)あるいはプラセボを投与する群にランダムに割り付けられた。この試験での一次評価項目は1年増悪率と設定された。その結果、1症例当たりの1年増悪回数は、プラセボ群に比べてカルボシステイン群で有意に低下したのである(1人当たり1.35±0.06回vs.1.01±0.06回、リスク比0.75、95%CI 0.62~0.92、 P=0.004、図1)。また、追加の後解析では、COPD増悪の再発をも減らす効果があることが示された(Lancet 2008 ;372:1630-1631

図1. カルボシステイン群とプラセボ群のCOPD無増悪率(PEACE試験)

Lancet 2008 14;371:2013-2018)

 内服薬でCOPD増悪を抑制できるというのは臨床医にとって願ってもないことであり、またムコダイン®にそこまでの効果があったのかという驚きから、PEACE試験の知見が呼吸器内科医の間で広まった。これは私が呼吸器内科医を目指す前の研修医の時期だったと記憶している。それ以降、COPDといえばムコダイン®という風潮が根付いてしまった。

 果たして絶対王者ムコダイン®には本当にそんな効果があるのだろうか?

 そんな疑問を解決してくれるのが今回紹介するメタ解析である(Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 2017;12:2277-2283)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  「COPDにはとりあえずムコダイン」で良いのか?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11510662 有効期限:11月末まで