メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  世界の食事摂取基準を変える!新研究

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

世界の食事摂取基準を変える!新研究

世界18カ国のコホート研究PURE

 2017年09月21日 09:58
プッシュ通知を受取る

研究の背景:最近の研究は20世紀の栄養学を否定、侃々諤々の様相を呈する

 20世紀の栄養学では、脂質を控えることが動脈硬化症の予防になると信じられてきた。この情報の出典は7カ国研究(Seven Countries study)と呼ばれるKeysらの古典的研究(J Mt Sinai Hosp NY 1953;20:118-139)や、心血管疾患が高頻度の一部の国における高飽和脂肪酸食(全エネルギーの20%以上の飽和脂肪酸摂取)に関するデータにあったようだ(Ann Nutr Metab 2009;54 suppl1:33-38、関連記事「糖質制限食をめぐる議論の沸騰<2>」)。

 しかし最近の研究では、飽和脂肪酸や脂質の摂取と死亡率や心血管疾患発症率との間に有意な相関がない、あるいは逆にリスクが低くなるといったことが示され(Am J Clin Nutr 2010;91:535-546)、侃々諤々の様相を呈するようになっていた(BMJ 2013;347:f6340)。

 そんな中、5大陸18カ国で合同して実施された前向きコホート研究がPURE(The Prospective Urban Rural Epidemiology)studyである。このたび、その主たる結果がLancet 2107年8月29日オンライン版に報告され、脂質摂取は総死亡と負に相関する(摂取量が多いほど総死亡率が低い)ことが示され、逆に炭水化物摂取が総死亡と正に相関する(摂取量が多いほど総死亡率が高い)ことが示された。今後のわが国の栄養政策にも大きな影響を及ぼす可能性があるPURE studyの結果をご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

開幕直前の平昌五輪!金メダルを期待する競技は?応援している選手名や五輪にまつわる思い出があれば教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  世界の食事摂取基準を変える!新研究

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R01510839 有効期限:1月末まで