メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】アミノインデックスがんスクリーニング(AICS)

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】アミノインデックスがんスクリーニング(AICS)

 2017年09月25日 06:49
プッシュ通知を受取る

 正常では血中のアミノ酸濃度は一定に保たれているが、がん細胞が増殖するとバランスが崩れ、特有のアミノ酸パターンを示すと考えられる。20種類の血中アミノ酸のうちがん患者で有意に減少している5~6種類のアミノ酸を抽出し、健常者とがん患者で有意に分類できるように多変量解析で導き出したインデックス式を使ってがんの可能性を判定する。アミノインデックス値は、アミノ酸パターンががんにどれほど近いかを確率で示している。実際には、ランクA(がんの可能性なし)、B(がんの可能性が否定できない)、C(がんの可能性あり)で判定する。1回の採血のみで複数のがんを検査できるメリットがある。現在は肺がん、胃がん、大腸がん、膵臓がんなど7つのがん種でスクリーニングが可能で、既に臨床に導入されている。

このキーワードに関連のある記事

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】アミノインデックスがんスクリーニング(AICS)