メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】会員規約改定のお知らせ(会員規約プライバシーポリシー

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  書籍『ドクトゥール白ひげ回顧録』普通の医者が一般書を出すということ...

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

書籍『ドクトゥール白ひげ回顧録』普通の医者が一般書を出すということ...

著者の齋藤晴比古氏に聞く

 2017年10月01日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 本書の題名を見ても食指が動かなかった。功成り名遂げた医師の自慢話を想像したためだが、多毛症患者についての文章(本書第1話)を読んで驚いた。臨床家の魂と研究者の眼を持って患者に向き合い続ければ、こんな経験ができるのかと感心したのだ。ところでこの本、著者自らが企画した自費出版である。素人が文章を書き(執筆)、原稿を整え(編集)、本を出す(出版)とはどんなことか。費用の問題も含め、徳島平成病院院長の齋藤晴比古氏に率直な問いをぶつけると、本づくりに対する純粋な思い、果敢な挑戦が見えてきた。

1709067_fig3.png

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

帰宅後も思い悩んだ診療での出来事は?

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  書籍『ドクトゥール白ひげ回顧録』普通の医者が一般書を出すということ...

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

登録キャンペーンのご案内
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R04510970 有効期限:4月末まで