メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  書籍『ドクトゥール白ひげ回顧録』普通の医者が一般書を出すということ...

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

書籍『ドクトゥール白ひげ回顧録』普通の医者が一般書を出すということ...

著者の齋藤晴比古氏に聞く

 2017年10月01日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 本書の題名を見ても食指が動かなかった。功成り名遂げた医師の自慢話を想像したためだが、多毛症患者についての文章(本書第1話)を読んで驚いた。臨床家の魂と研究者の眼を持って患者に向き合い続ければ、こんな経験ができるのかと感心したのだ。ところでこの本、著者自らが企画した自費出版である。素人が文章を書き(執筆)、原稿を整え(編集)、本を出す(出版)とはどんなことか。費用の問題も含め、徳島平成病院院長の齋藤晴比古氏に率直な問いをぶつけると、本づくりに対する純粋な思い、果敢な挑戦が見えてきた。

1709067_fig3.png

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  書籍『ドクトゥール白ひげ回顧録』普通の医者が一般書を出すということ...