メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  運動合併症状の出現時間短縮を

CNS Today CNS Today

運動合併症状の出現時間短縮を

パーキンソン病進行期の治療

 2017年10月02日 06:50
プッシュ通知を受取る

 パーキンソン病の進行期には、抗パーキンソン病薬の効果持続時間が短縮し、薬物濃度の変動とともに症状が変動する"wearing off"という現象が出現し、不随意(ジスキネジア)も発現しやすくなる。パーキンソン病進行期の治療について順天堂大学大学院神経学教授の服部信孝氏は「近年、抗パーキンソン病薬には新規の経口薬や経腸薬などが導入され、合併症の出現時間を短縮できるようになってきた」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  運動合併症状の出現時間短縮を

error in template: found but mtif was expected