メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  食べ順ダイエットの要諦は野菜にあらず

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

食べ順ダイエットの要諦は野菜にあらず

「べジ・ファースト」でなく「カーボ・ラスト」

 2017年10月06日 14:50
プッシュ通知を受取る

研究の背景:食後高血糖の改善に有効な食べ順ダイエット、日本糖尿病協会も推奨

 血糖変動の小さな、質の良い血糖管理が求められるようになっている中で(Int J Obes Relat Metab Disord 2002;26 suppl3:S9-S17)、治療ターゲットとして注目されているのが食後高血糖である。食後高血糖はHbA1c 7.3%以下の糖尿病患者のHbA1cに大きく寄与しており(Diabetes Care 2003;26:881-885)、空腹時血糖以上に血管合併症と関連することが知られている(J Clin Endocrinol Metab 2006;91:813-819)。

 わが国で食後高血糖を避けるための食事法として広く知られるものには、糖質制限食(Diabetes Technol Ther 2012;14:619-623)と食べ順ダイエット(Asia Pac J Clin Nutr 2011;20:161-168)がある。特に食べ順ダイエットは、食物の選択余地が少ない東日本大震災の避難者などに対する血糖管理法として日本糖尿病協会が推奨しており、べジ・ファースト(野菜を最初に食べるの意)の名で多くの人に知られている。

 このたび、米・ニューヨークのウェイル・コーネル医科大学のグループから、欧米人においても食べ順ダイエットが食後血糖管理に有効であり、その要諦がべジ・ファーストというよりも、カーボ・ラスト(糖質を最後に食べるの意)であることが示されたのでご紹介したい(BMJ Open Diabetes Res Care 2017;5:e000440)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  食べ順ダイエットの要諦は野菜にあらず

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12511036 有効期限:12月末まで