メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 川口浩(整形外科) »  ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず

ドクターズアイ 川口浩(整形外科) ドクターズアイ 川口浩(整形外科)

ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず

東京新宿メディカルセンター脊椎脊髄センター長 川口浩

2017年10月17日 10:08

42名の医師が参考になったと回答 

研究の背景:学術的根拠ない「適応外処方」が蔓延  ガバペンチノイド〔ガバペンチン(商品名ガバペン)、プレガバリン(同リリカ)〕は、α2δリガンドと呼ばれる薬剤のグループに属し、神経伝達経路の電位依存性Caチャネルであるα2δサブユニットとの結合を介して同経路を抑制するのが作用機序とされている。米国で...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 川口浩(整形外科) »  ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず