メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 川口浩(整形外科) »  ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず

ドクターズアイ 川口浩(整形外科) ドクターズアイ 川口浩(整形外科)

ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず

東京新宿メディカルセンター脊椎脊髄センター長 川口浩

2017年10月17日 10:08

30名の医師が参考になったと回答 

研究の背景:学術的根拠ない「適応外処方」が蔓延  ガバペンチノイド〔ガバペンチン(商品名ガバペン)、プレガバリン(同リリカ)〕は、α2δリガンドと呼ばれる薬剤のグループに属し、神経伝達経路の電位依存性Caチャネルであるα2δサブユニットとの結合を介して同経路を抑制するのが作用機序とされている。米国で...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 川口浩(整形外科) »  ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD511194 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外