メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 川口浩(整形外科) »  ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず

ドクターズアイ 川口浩(整形外科) ドクターズアイ 川口浩(整形外科)

ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず

東京新宿メディカルセンター脊椎脊髄センター長 川口浩

 2017年10月17日 10:08
プッシュ通知を受取る

研究の背景:学術的根拠ない「適応外処方」が蔓延

 ガバペンチノイド〔ガバペンチン(商品名ガバペン)、プレガバリン(同リリカ)〕は、α2δリガンドと呼ばれる薬剤のグループに属し、神経伝達経路の電位依存性Caチャネルであるα2δサブユニットとの結合を介して同経路を抑制するのが作用機序とされている。米国で開発された薬剤で、当初は抗てんかん薬であったが、最近、米食品医薬品局(FDA)が「帯状疱疹後神経痛、脊髄損傷後疼痛、糖尿病性神経痛、線維筋痛症」に限定した鎮痛薬として追加適応を承認している。

 ところが、日本の整形外科の医療現場ではガバペンチノイド、特にプレガバリンは慢性腰痛、坐骨神経痛、神経根性疼痛など、さまざまな一般的疼痛に対して広く使われている。そこにはなんの学術的根拠もない。

 今回紹介する論文は、慢性腰痛に対するガバペンチノイドの効果を示した系統的レビューおよびメタ解析であり(PLoS Med 2017;14:e1002369)、日本で蔓延する「適応外処方」に警鐘を鳴らすものである。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 川口浩(整形外科) »  ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外