メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  中・高校生の野球肘障害ゼロ

明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

中・高校生の野球肘障害ゼロ

No.16/50

慶友整形外科病院(群馬県)慶友スポーツ医学センター
センター長 古島 弘三

 2017年10月18日 10:30
プッシュ通知を受取る

【未解決の背景】中・高校生の野球選手に対する手術が増加

 高校野球においては、甲子園大会が夏の風物詩として国民的行事のように扱われている。球児たちは、甲子園出場のために一生懸命に野球に取り組み、努力を積み重ね夢を追いかけており、その懸命な姿に感動する高校野球ファンがたくさんいる。活躍すれば憧れのプロ野球選手になれるかもしれないと選手本人だけでなく、指導者、保護者においても練習には熱が入る。しかし、一方で勝利至上主義にこだわるあまり指導者が長時間練習を課すこと、試合数の増加により選手の肩肘に負担がかかることなどが問題になっている。華やかな舞台の裏には、肩肘を壊し悔しい思いをした多くの球児たちがいることも忘れてはならない。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  中・高校生の野球肘障害ゼロ