メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 宮岡等(精神科) »  ベンゾ系薬の安全神話がいまだに残っているのか?

ドクターズアイ 宮岡等(精神科) ドクターズアイ 宮岡等(精神科)

ベンゾ系薬の安全神話がいまだに残っているのか?

北里大学精神科学主任教授・北里大学東病院院長 宮岡等

 2017年10月19日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

論文の背景:不適切な使用に関する検討は不十分

 ベンゾジアゼピン系薬剤(以下、ベンゾ系薬)のアルプラゾラム(商品名ソラナックス、コンスタン)は、パニック障害をはじめとする不安障害の患者に広く用いられている。適切に用いれば、安全で効果は大きいが、危険性や効果が十分考慮されていない処方が少なくない。このたび、こうした背景を踏まえた総論がJ Addict Medに掲載された(2017年8月2日オンライン版)。アルプラゾラムの適応、妊婦への影響、乱用、退薬症状などを振り返り、適切な処方を考えたい。〔関連記事:宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 宮岡等(精神科) »  ベンゾ系薬の安全神話がいまだに残っているのか?

error in template: found but mtif was expected