メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 宮岡等(精神科) »  ベンゾ系薬の安全神話がいまだに残っているのか?

ドクターズアイ 宮岡等(精神科) ドクターズアイ 宮岡等(精神科)

ベンゾ系薬の安全神話がいまだに残っているのか?

北里大学精神科学主任教授・北里大学東病院院長 宮岡等

 2017年10月19日 06:00
プッシュ通知を受取る

論文の背景:不適切な使用に関する検討は不十分

 ベンゾジアゼピン系薬剤(以下、ベンゾ系薬)のアルプラゾラム(商品名ソラナックス、コンスタン)は、パニック障害をはじめとする不安障害の患者に広く用いられている。適切に用いれば、安全で効果は大きいが、危険性や効果が十分考慮されていない処方が少なくない。このたび、こうした背景を踏まえた総論がJ Addict Medに掲載された(2017年8月2日オンライン版)。アルプラゾラムの適応、妊婦への影響、乱用、退薬症状などを振り返り、適切な処方を考えたい。〔関連記事:宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 宮岡等(精神科) »  ベンゾ系薬の安全神話がいまだに残っているのか?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外