メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ホーム »  連載・特集 »  皮膚疾患トピックス »  増え続ける帯状疱疹にいかに対応するか

皮膚疾患トピックス 皮膚疾患トピックス

増え続ける帯状疱疹にいかに対応するか

 2017年10月19日 06:10
プッシュ通知を受取る

 帯状疱疹は高齢者に多い疾患で、80歳までに3人に1人が発症するといわれている。多くは抗ヘルペスウイルス薬による治療で治癒するが、患者の20%は頑固な痛みが続く帯状疱疹後神経痛(PHN)に移行するという。超高齢社会で増加を続ける、この厄介な疾患にいかに立ち向かうか。奈良県立医科大学皮膚科教授の浅田秀夫氏に、今後の発症動向、新規抗ウイルス薬への期待、ワクチンによる予防の考え方などについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  皮膚疾患トピックス »  増え続ける帯状疱疹にいかに対応するか