メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  アナフィラキシー死亡の最大原因はエピネフリン投与の遅延である!!

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

アナフィラキシー死亡の最大原因はエピネフリン投与の遅延である!!

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2017年10月20日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 N Engl J Med2017; 377: 1168-1176)に食物アレルギーの総説(Clinical Practice)がありました。この1、2年でLEAP studyという、ピーナツアレルギー治療のランダム化比較試験(RCT)が完了し、大変大きなブレイクスルー(breakthrough)が起こりました。大興奮の世界最新の食物アレルギー総説です!

 最重要点は下記6点です。

  • ピーナツを生後4~6カ月で摂取すると免疫寛容が起こる!
  • アナフィラキシー死亡の最大の原因はエピネフリン投与の遅延である!!
  • 死亡しやすいのは青年のピーナツ、ナッツ類、魚、甲殻類アレルギー、喘息の存在!
  • 運動、ウイルス感染、生理、情動ストレス、アルコール摂取でアレルギー閾値が下がる!
  • アナフィラキシーで20%は蕁麻疹を欠く!
  • アナフィラキシーは二相反応あり4~24時間観察せよ!

 この著者は、University of Arcansas for Medical Sciences and Arcansas Children's Hospitalの女性教授です。この大学の公式サイトを見たところ1,100人の職員がおり、26の部門に200人の教育スタッフ(faculty members)がいるとのことで巨大な小児専門病院でした。

 以前から"Arcansas"をなぜ「アーカンソー」と読むんだろうと不思議に思っていたので調べてみました。"Arcansas"はインディアンの部族の名前です。フランス系移民はカナダのケベックを中心に北米の東北部に多いのですが南部にも少数ながら移民しました。"Arcansas"をフランス語で読むと最後の"s"は発音しないので「アーカンサ」になりますが、ケベック・フランス語では「ア」を「オ」と発音するため「アーカンソー」になったというのです。

 そういえば、西伊豆にケベックから来たカナダ人のALT(assistant language teacher)がいたのですが、彼女がフランス本国で話すと、変な発音だと笑われたとのことでした。「何を言うとりまんねん」みたいなフランス語なんでしょうか。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  アナフィラキシー死亡の最大原因はエピネフリン投与の遅延である!!

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R07511176 有効期限:7月末まで