メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第19回>「生活期の高齢者」に生かすリハビリ

高齢者診療のコツとヒント 高齢者診療のコツとヒント

<第19回>「生活期の高齢者」に生かすリハビリ

北里大学総合診療医学・地域総合医療学 木村琢磨

 2017年10月20日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

88歳女性:

高血圧、骨粗鬆症で外来通院中。一人暮らし。腰痛があり歩行は比較的ゆっくりであるが、認知機能は保たれ趣味の手芸を続けている。最近、入浴することが大変で時間がかかり、湯船から出るのは特に苦労するという。外来医が「風呂で何かあると心配だから、ヘルパーやデイサービスを導入したらどうか」と勧めるも、本人は「気が進まない」と言う・・・

"潜在的"にリハビリテーションが必要な高齢者

 今後地域では、リハビリテーションが必要な高齢者が増加すると考えられます。

 これにはまず、脳血管障害、骨折、認知症などにより「ADLの障害」「嚥下障害」「高次脳機能障害」「認知機能障害」などを有する高齢者が増えるという側面があります。これらはいわば"疾患の増加"に伴うもので、主に「急性期」あるいは「回復期リハビリテーション」の対象であるといえます。

 次に、「なんとなく足腰が弱くなった」「フラフラして転びやすい」「物忘れが気になり始めた」など、いわば「明らかな疾患はないが"潜在的"にリハビリテーションが必要な慢性期の高齢者」が増加する側面もあるでしょう。このような高齢者は"生活期"といえますが、リハビリテーションの恩恵が十分に生かされていないのが現状ではないでしょうか。

 本稿では、麻痺、嚥下障害などの障害を明らかに認めない「生活期の高齢者」に対しリハビリテーションの考えを生かすことについて考えます。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第19回>「生活期の高齢者」に生かすリハビリ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R09511195 有効期限:9月末まで