メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  足趾切断はSGLT2阻害薬に共通の問題か

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

足趾切断はSGLT2阻害薬に共通の問題か

 2017年10月25日 10:20
プッシュ通知を受取る

研究の背景:CANVAS programで抱いた一抹の不安

 今年の臨床糖尿病学で最も注目され、そして期待通りの結果を報告してくれたのがCANVAS programである(N Engl J Med 2017;377:644-657、関連記事「これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定」)。EMPA-REG OUTCOME試験(N Engl J Med 2015;373:2117-2128N Engl J Med 2016;375:323-334)におけるエンパグリフロジンに引き続き、カナグリフロジンにも心血管疾患の(再発)予防作用や腎保護作用があることが確認されたのである。

 しかし、このCANVAS programにおいては、SGLT2阻害薬群での足趾切断や骨折の有意な増加も報告され、SGLT2阻害薬に対して、一抹の不安を抱かせることとなった。このたび、別のSGLT2阻害薬ダパグリフロジンの臨床試験における有害事象のプール解析の結果が報告され、そこでは足趾切断や骨折の増加は確認されなかった(Diabetes Obes Metab 2017年9月26日オンライン版)。今後のSGLT2阻害薬の処方を考える上で重要と思うので、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  足趾切断はSGLT2阻害薬に共通の問題か