メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  足趾切断はSGLT2阻害薬に共通の問題か

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

足趾切断はSGLT2阻害薬に共通の問題か

 2017年10月25日 10:20
プッシュ通知を受取る

研究の背景:CANVAS programで抱いた一抹の不安

 今年の臨床糖尿病学で最も注目され、そして期待通りの結果を報告してくれたのがCANVAS programである(N Engl J Med 2017;377:644-657、関連記事「これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定」)。EMPA-REG OUTCOME試験(N Engl J Med 2015;373:2117-2128N Engl J Med 2016;375:323-334)におけるエンパグリフロジンに引き続き、カナグリフロジンにも心血管疾患の(再発)予防作用や腎保護作用があることが確認されたのである。

 しかし、このCANVAS programにおいては、SGLT2阻害薬群での足趾切断や骨折の有意な増加も報告され、SGLT2阻害薬に対して、一抹の不安を抱かせることとなった。このたび、別のSGLT2阻害薬ダパグリフロジンの臨床試験における有害事象のプール解析の結果が報告され、そこでは足趾切断や骨折の増加は確認されなかった(Diabetes Obes Metab 2017年9月26日オンライン版)。今後のSGLT2阻害薬の処方を考える上で重要と思うので、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  足趾切断はSGLT2阻害薬に共通の問題か

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外