メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】"心不全パンデミック"とは何か?

時間の風景 時間の風景

【Essay】"心不全パンデミック"とは何か?

東京大学大学院循環器内科学 教授 小室 一成

 2017年10月29日 07:30
プッシュ通知を受取る

 米国には現在600万人もの心不全患者がおり、推計によると2050年までは毎年60万人ずつ増え続けると考えられています。ある地域の調査研究に基づく推計によると、わが国における心不全患者数は現在約100万人であり、総人口が減少しているにもかかわらず、少なくとも2035年までは増え続けると推定されています。このように心不全患者数が増加しているのは、欧米、日本といった先進諸国だけでなく、アジアやアフリカの諸国でも同様であり、心不全は全世界的に大きな問題となっています。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】"心不全パンデミック"とは何か?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R09511308 有効期限:9月末まで