メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】"心不全パンデミック"とは何か?

時間の風景 時間の風景

【Essay】"心不全パンデミック"とは何か?

東京大学大学院循環器内科学 教授 小室 一成

 2017年10月29日 07:30
プッシュ通知を受取る

 米国には現在600万人もの心不全患者がおり、推計によると2050年までは毎年60万人ずつ増え続けると考えられています。ある地域の調査研究に基づく推計によると、わが国における心不全患者数は現在約100万人であり、総人口が減少しているにもかかわらず、少なくとも2035年までは増え続けると推定されています。このように心不全患者数が増加しているのは、欧米、日本といった先進諸国だけでなく、アジアやアフリカの諸国でも同様であり、心不全は全世界的に大きな問題となっています。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】"心不全パンデミック"とは何か?