メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  外交官ドクター、世界の医務室から »  "医務官"ってご存じですか?

外交官ドクター、世界の医務室から 外交官ドクター、世界の医務室から

〔編集部から〕このシリーズは、世界各国の医務官によるリレー形式のエッセイです。“究極の総合診療医”でもある医務官が、在留邦人への医療活動についてのエピソードなどを紹介。各国の医療事情や現地の写真なども盛り込み、医務官の目を通じて医療の在り方を考えます。

"医務官"ってご存じですか?

外務省診療所長 仲本光一

 2017年11月01日 17:00
プッシュ通知を受取る

 ミャンマーでの赴任時、切迫流産の患者さんが突然受診。専門外なので婦人科医に対応方法を問い合わせるため日本への国際電話を申し込みました。しかし国際回線が数本しかない当時のミャンマーでは、オペレーターが日本につなげてくれるまで5〜6時間もかかる状況であり結果として、その間に、とにかく自分1人でなんとか医療対応せざるをえませんでした。心臓が縮む思いで対応しましたが、最終的には母子ともにことなきを得て、後に安全に出産されました。それが、ミャンマーでの外務省医務官としての最初の体験でした。

GettyImages-518797001.jpg

ミャンマー・バガンの夕焼け(© Getty Images)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  外交官ドクター、世界の医務室から »  "医務官"ってご存じですか?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外