メニューを開く 検索を開く ログイン
明日の医療を読み解く50の未解決課題 明日の医療を読み解く50の未解決課題

川崎病の原因究明

No.17/50

自治医科大学公衆衛生学教室 教授 中村 好一

 2017年11月06日 06:00
プッシュ通知を受取る

【未解決の背景】川崎病患者数は年々増加傾向にあり罹患率も上昇している

 1967年に川崎富作博士が初めて原著論文〔アレルギー1967; 16: 178-222〕を公開し、その3年後の1970年に始まった川崎病の全国調査は2017年で24回を数える(http://www.jichi.ac.jp/dph/kawasaki.html)。全国調査はほぼ2年に1回の頻度で実施され、わが国における川崎病の疫学像/臨床疫学像を明らかにしてきた。暦年ごとの患者数および罹患率(0~4歳人口10万人当たり)は、過去3回の全国的な流行の後、1990年代半ばから患者数が漸増し、少子化により小児人口が減少したため、罹患率の上昇傾向は患者数の上昇傾向を上回っている。2016年には前年と比べて患者数が減少したが、最近20年間の傾向として患者数が増え続けているといってよいだろう。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  明日の医療を読み解く50の未解決課題 »  川崎病の原因究明