メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  クラミジア肺炎は存在しない?

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

クラミジア肺炎は存在しない?

 2017年11月10日 16:22
プッシュ通知を受取る

研究の背景:ほとんどまともな診断ができないのが現状

 市中肺炎のうち、非定型病原体として有名なのがマイコプラズマ、クラミドフィラ、レジオネラの3つである。これらの病原体による市中肺炎をまとめて非定型肺炎と呼ぶことが多い。しかし、私は少なくともレジオネラだけは別疾患として扱うべきと考えている。なぜなら、レジオネラ肺炎はこの3つの中で死亡リスクが最も高い重症感染症であり、他の非定型肺炎とは臨床像が全く異なるためだ。

 さて、今回取り上げるのは、最もマイナーな非定型肺炎、クラミドフィラ肺炎である。慣習的に「クラミジア肺炎」と呼ばれることも多いが、1999年にChlamydia pneumoniaeからChlamydophila pneumoniaeへ菌名が変わっているので、クラミドフィラ肺炎と呼ぶ方がふさわしいだろう(タイトルを「クラミジア肺炎」としたのは、担当編集者に「先生、こっちの方が絶対にクリックされますから」と泣き付かれたためである。なお、「存在しない?」としたのは「クラミジア肺炎」という言葉が誤用だという意味ではない)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  クラミジア肺炎は存在しない?