メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  クラミジア肺炎は存在しない?

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

クラミジア肺炎は存在しない?

 2017年11月10日 16:22
プッシュ通知を受取る

研究の背景:ほとんどまともな診断ができないのが現状

 市中肺炎のうち、非定型病原体として有名なのがマイコプラズマ、クラミドフィラ、レジオネラの3つである。これらの病原体による市中肺炎をまとめて非定型肺炎と呼ぶことが多い。しかし、私は少なくともレジオネラだけは別疾患として扱うべきと考えている。なぜなら、レジオネラ肺炎はこの3つの中で死亡リスクが最も高い重症感染症であり、他の非定型肺炎とは臨床像が全く異なるためだ。

 さて、今回取り上げるのは、最もマイナーな非定型肺炎、クラミドフィラ肺炎である。慣習的に「クラミジア肺炎」と呼ばれることも多いが、1999年にChlamydia pneumoniaeからChlamydophila pneumoniaeへ菌名が変わっているので、クラミドフィラ肺炎と呼ぶ方がふさわしいだろう(タイトルを「クラミジア肺炎」としたのは、担当編集者に「先生、こっちの方が絶対にクリックされますから」と泣き付かれたためである。なお、「存在しない?」としたのは「クラミジア肺炎」という言葉が誤用だという意味ではない)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  クラミジア肺炎は存在しない?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外