メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】白血球除去(LCAP)療法

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】白血球除去(LCAP)療法

 2017年11月15日 06:30
プッシュ通知を受取る

 LCAP(Leukocytapheresis)療法は、潰瘍性大腸炎に対する体外循環治療法の1つ(関節リウマチにも施行される)で、炎症に関連する活性化した白血球を取り除くことによって炎症を抑制する。血液を一度体外に取り出し、フィルターを通して活性化した白血球および血小板を除去した後、再び体内に戻す。治療は約1時間で完了する。比較的難治性で重症の潰瘍性大腸炎患者に施行することが多く、LCAP療法施行患者の約70%が寛解に至るといわれている。薬物投与による治療法に比べて副作用が少ないことが特徴。1クール10回まで施行可能で2001年に保険適用となっている。

■このキーワードに関連のある記事

潰瘍性大腸炎、LCAP寛解達成後の予後

関連タグ

  

ピックアップコンテンツ

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】白血球除去(LCAP)療法

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R02511602 有効期限:2月末まで