メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  離島医はおもろい! »  【最終回】究極の釣り針の抜き方"String Yank Technique"

離島医はおもろい! 離島医はおもろい!

【最終回】究極の釣り針の抜き方"String Yank Technique"

 2017年11月17日 06:00
プッシュ通知を受取る

 いよいよ隠岐からのエッセイは最終回となりました。

 今回は離島発の究極の「釣り針の抜き方」を紹介して、連載を終わりにしたいと思います。

 これは私たちが発見したものではなく、American Academy of Family Physicians(米国家庭医学会)のホームページで見つけました。"fishhook removal"でサイト内検索すると出てきます。

 釣り針刺傷では、通常はよく針先を貫通させて、返しを切って取ったりすると思います。結構太い釣り針だと返しのところを切断するのに力が必要だったりします。また針を進めることで新しい傷をつくるのも、あまり気持ちの良いものではありませんよね。

 今回紹介する方法は"String Yank Technique"といいます。糸をかけて、シャンクを押さえて、引っ張るだけです。米国家庭医学会のホームページに載っているためか、YouTubeで"fishhook removal"で検索すると、外国人が「オゥッ!」とか言いながら、自分たちでセルフ抜針している動画が出てきます。なぜだか、針を刺すところから実演している動画も出てきます。痛そうです(笑)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ホーム »  連載・特集 »  離島医はおもろい! »  【最終回】究極の釣り針の抜き方"String Yank Technique"

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12511056 有効期限:12月末まで