メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】医療界の変遷

時間の風景 時間の風景

【Essay】医療界の変遷

上田クリニック(横浜市) 院長 上田 慎介

 2017年11月18日 07:00
プッシュ通知を受取る

 私が医学部を卒業した昭和50年代前半の日本人の寿命は男性が約72才、女性が約78才、死因の第1位は脳血管障害、2位は悪性新生物、3位は心疾患でありました。平成26年のそれは80才、86才、悪性新生物、心疾患、肺炎となっています。長い間医療に携わり、ふと振り返り考えてみますと、医療も大変化を遂げていることに気付きます。CT、MRI、手術道具、診断力の進化、健康診断、予防医療、医療技術などの進歩は明らかで目を見張るものがあります。それらは人間の努力の賜物で素晴らしいことです。心疾患にはステント、アブレーションなど、脳梗塞にはt-PAなど、先ほど述べましたが技術の進歩には驚くばかりです。結果として長寿大国、高齢化社会となりました。2025年問題、医療費の増加も深刻であり、果たして、国民皆保険制度が保たれるかどうかも疑問です。冒頭で述べましたように、命が救われ長寿になる。すると、悪性新生物、認知症、肺炎が多くなる。現在はこのサイクルに嵌っているようです。医療界も変わりました。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

ひと月の小遣いは?(医師会員からの投稿)

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】医療界の変遷

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12511630 有効期限:12月末まで