メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  抗うつ薬を十分量継続し、症状を低減

CNS Today CNS Today

抗うつ薬を十分量継続し、症状を低減

うつ病の再発予防

 2017年11月29日 06:15
プッシュ通知を受取る

 うつ病は多様な病像を呈し、再燃・再発例が多く、残遺症状を有する者も多い。寛解に至らない患者では心理社会機能や職業上の障害が強くなり、QOLも低下する。そのため再発リスクを把握し、再発を予防するための治療を行うことが重要となる。東京女子医科大学東医療センター精神科部長・臨床教授の大坪天平氏は「再発を予防するには、忍容最大量の抗うつ薬を十分な期間継続し、可能な限り残遺症状をなくすことが重要である」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  抗うつ薬を十分量継続し、症状を低減

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R02511678 有効期限:2月末まで