メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  ナッツを食べよ! 1日28gで心血管疾患予防

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

ナッツを食べよ! 1日28gで心血管疾患予防

ハーバード大学3コホート計20万人超の観察研究

 2017年12月07日 06:00
プッシュ通知を受取る

研究の背景:ナッツの心血管疾患予防効果に注目が集まっている

 2013年にスペインから報告されたPREDIMED試験は、地中海食による指導介入が脂質制限食による指導介入と比較して心血管疾患を30%減少させることを示した(N Engl J Med 2013; 368;1279-1290)。この折、地中海食指導介入群の中にさらに2群が設定され、1群には地中海食を摂取しつつ1週間に1Lのオリーブ油の使用が求められ、もう1群には1日30gのナッツの摂取が求められた(オリーブ油群、ナッツ群ともに脂質制限食群に比べ心血管疾患の発症を有意に抑制)。

 正直、私はどうあがいても1週間に1Lのオリーブ油は使いこなせないが、1日30gのナッツであれば摂取できる。このときから、私はナッツ摂取に関心を持つようになったのだが、実は同じ2013年に早速ナッツ摂取と総死亡率との負の相関(N Engl J Med 2013;369: 2001-2011)、翌2014年にはナッツ摂取と心血管疾患発症との負の相関(Am J Clin Nutr 2014;100:256-269)が示された。この2つの観察研究は、いずれも米・ハーバード大学公衆衛生学栄養学部門が報告していたが、前者はNurses' Health StudyとHealth Professionals Follow-Up Studyという同大学が実施しているコホート研究の解析であり、後者はそれらも含めたコホート研究のメタ解析であった。

 今回、同大学が実施している3つのコホート研究の検討があらためて行われ、ナッツ摂取と心血管疾患の発症がやはり負の相関関係にあることが報告された(J Am Coll Cardiol 2017;70:2519-2532)。力強いタイトルのeditorial (J Am Coll Cardiol 2017;70:2533-2535)も含めてご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  ナッツを食べよ! 1日28gで心血管疾患予防

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12511823 有効期限:12月末まで